人間らしさを失う食事はやっぱダメだ

f:id:sakura-neko283:20170116000900j:plain

以前、森三中の黒沢さんが

 

「料理で野菜を切ると

包丁とまな板を洗わなきゃいけないから

ニンジンとか歯でちぎって鍋に入れるんです」

 

みたいなことをTVで話していて、

「なんてワイルドな女性だろう」と妙に感心したんだけど

 

分からなくもないです。

>さすがに歯でちぎりはしないけど☆

 

 

 

私もいっとき精神が底の底まで落ちてまして

とにかく横着がしたくて

朝の食パンは流しや広告の上で食べてました。

 

一人暮らしの時なんて尚更に。

 

 

でも、それをやってたら、

なぜか気持ちが余計に荒んだんですね。

 

 

やっぱりご飯=自分のカラダを作る要素でもあるんだけど

それをおろそかにしている=己をおろそかにしている

って図式になるんです。たぶん。

 

 

女性らしくキレイに食事する、とかいう問題じゃなくて

自分にある程度、体裁の整った食事を与えないと

人間らしさを失っていくんじゃないかと思うんです。

 

横着でパン齧ってるときの自分はまるでサルみたいだった。

 

 

でも、洗い物がたとえ増えたとしても

めんどくさくたってお皿に盛りつけて、

テーブルでお箸を使って食事するってことは

すごくメンタルに響くんだってことを

身をもって知りました。

 

 

あと、野菜サラダにしたって

ウサギのエサみたいな葉っぱ千切っただけのお皿と

彩り考えてこだわって盛り付けたお皿とじゃ

満腹感に差が出まくりなんです(味わってるからかも?)。

 

胃に入っちゃえばなんだって一緒じゃん、と

頭ではわかってても、気持ちのほうが違う。

 

テーブルコーデって見た目キレイだけど

「単なる体裁」って思ってた以前の自分に喝です。

 

ちゃんと箸置きにお箸を揃えて食べるだけで

なんか違う。

 

たとえそのメニューがカップ麺であったとしても。

 

ちゃんと暮らすってのはこういうコトかも知れないなぁ。