【現金or爆弾】あの日の黒革カバンの中身はなんだったのか?

f:id:sakura-neko283:20160918122837j:plain

小学校中学年のころ、裏山で遊んでいたら、

木の根元に黒革の大きなバッグがもたせかけてあった。

 

友達と開けてみようと頑張ったけど

カギがかかっていて、どうしても開かない。

すごく大きなアタッシュで、持ち上げてみるとすごく重い。

 

「これはもしや・・・!?」

 

友達と中身を推測した。

 

①黒いお金

②爆弾

③〇体

 

①⇒警察に届けて持ち主が見つからなければ山分け。

開けた瞬間吹っ飛んだらどうしよう。

トラウマ級。

 

①でなきゃ、開けるメリットはないという結論に達し、

「このままバッグを置いて明日また来よう」となった。

 

で、翌日は学校の用事があって翌々日に見に行ったら

もうバッグはなかった。

 

周囲を散々探したけどなかった。

 

なんだかガッカリした。すごい非日常を期待してたのに。

姉が観るトレンディドラマに毒されて

子供らしからぬ妄想を繰り広げてたのに。

 

でもいまだにナゾ。あの中身はなんだったんだろう・・・?

そして誰が持ち去ったんだろう?警察?犯人?

 

道行く人の黒いアタッシュケースを見るたび、

ふと思い出します。