隣の家が料理上手すぎていい香りが漂ってくる問題

私の賃貸部屋は、北東向きに窓がついている。

そして、さいきん越してこられた隣接した一軒家の換気扇が

ちょうどこちらの窓に近い。

 

何がツライかって、

毎日高級レストラン並に贅沢な香りが漂ってくることです。

 

夕方4時半になると、決まって流れ込んでくる超絶美味な香り。

スパイシーだったり、焦がしハーブだったり、

ロースト系だったり、特製スープだったり、

なんかもう、いろいろとすごいんですよ。

 

で、

いっぽうの我が家、素麺。

 

私が素麺大好きってのもあるんですけど、

そして初夏は決まって素麺ヘビロテ地獄だったりするんですけど。

 

素麺ってね、ほぼ無臭です。

で、いっぽうの隣の家、ものすごい芳醇な薫り。

 

ああ、なんかもう、私ってダメ人間だよなぁ・・・って。

なぜか起きる自己嫌悪。

 

毎日違うイイ薫りを漂わせてくるんですよね。

いったい何を焼いたら、こんないい香りになるの?ってなレベルに。

 

夕方におなか空いてきて、

さて、そろそろご飯の支度しようと立ち上がった刹那、

すっごいいい薫りがやってきたときのヤルキのそげ方がハンパない。

 

ヨネスケばりに突撃したい。

隣の晩御飯に突撃したい。

 

そんなことを思いながら、

「いやいや・・・よそはよそ、ウチはウチ」と自分を奮い立たせて

今日も素麺を茹でるのでした。