「人の名前は単なる符号」と言い放った祖父

f:id:sakura-neko283:20170618185000j:plain

 

すでに故人ですが、

母方・父方2人の祖父があまりに対照的な性格でした。

 

 

いっぽうの祖父は

「人の名前なんて符号。他人と見分けがつけば十分」と言い、

めんどくさいので自分の幼名をそのまま孫に与えた。

 

 

いっぽうの祖父は

「たくさんお金を積んで画数を見てもらった。

いい名前が貰えたので、幸せな人生を送れるはず」と言い、

孫の名は占い師の言うがままだった。

 

 

そうして名付けられた孫たちは、

双方大差なく、普通に人生が送れています。

 

 

 

同じくらい古い時代の生まれでも、

考え方がこんなに違う。

「あの時代の人だから〇〇だよね」

とか一括りにするのもはばかられます。

 

 

 

占いを信じるほうの祖父は、

孫(私のイトコ)の名づけの際、

ある1つの名を貰ったものの、

占い師いわく

「この画数はあまりに苗字と相性が良すぎる。

この子は死ぬかもしれない」

とのことで、

さらに大金を積んで、別の名前を買った。

 

 

その”死ぬかもしれなかった名前”はものすごくオシャレで、

響きもよく、とても可愛かった。

 

 

ところが実際つけられた名前は正直どうにも古臭くて、

イトコは

「死んでもいいから、もう1つの名前が良かったわ(笑)」

と言う。

 

 

 

私はというと、占いの好きなほうの祖父に名付けられ、

大好きな祖父に貰った名なので大事には思っているものの、

舌を噛みそうな発音で、地味に困ってます。

 

 

 

あまりに適当でも奇抜でも困る。それが人名。

単なる符号なのかどうかは、神のみぞ知る?

 

 

 

6月6日は「かわいいコックさん」の日

f:id:sakura-neko283:20170606125618j:plain

毎年の今日、必ず思い出すのが

「かわいいコックさん」。

腕が「6」になっているので

6/6の絵描き歌です。

 

昨日まで忘れてたんだけど今年もまた思い出して

ちょっと描いてみたりするんだけど

どう頑張っても可愛く描けないのが悩み。

 

全国歌詞はどこも同じなのかな?

学校で習わないところもあるんだろうか。

 

 

「棒が1本あったとさ

葉っぱかな

葉っぱじゃないよ カエルだよ

カエルじゃないよ アヒルだよ

 

6月6日に 雨ザーザー降ってきて

三角定規に ヒビいって

アンパンふたつ 豆みっつ

コッペパンふたつ くださいな

あっという間に かわいいコックーさんー♪」

 

 

意味不明だけどカワイイ。

 

「カエルだよ」のところで両目を描くのが忙しくて

歌いながらだと全然間に合わないのが困ります。

 

これを思い出すと

「ああ、梅雨だなぁ」と思う。

 

不快な時期だけど、

可愛い傘の出番が増えてちょっぴり楽しい。

 

 

ツバメ「あの家の玄関、巣作りにオススメ!」

f:id:sakura-neko283:20170524115320j:plain

近所のピアノ教室の奥さんは、

すごく心優しいというウワサです。

 

庭には手入れされたお花が咲き、

ピアノ指導もおっとり。

そして何より、ツバメの巣作りを軒先に許している。

 

 

いっぽうの我が家、

 

母が長ボウキを持って、鬼の形相でツバメを追い返している。

 

 

 

 

我が家はツバメの巣作りに格好の玄関形状で、

毎年何羽ものツバメが我が家を狙って

玄関前の電線に並んでいます。

 

子供のころ私はワクワクでした。

「いつか巣ができて、ヒナがいっぱい生まれるのかな」とか。

 

でも、一向に巣はできない。

 

ある日学校から帰ったら、母がホウキでツバメを威嚇していました。

 

 

 

その鬼の必死さにびっくりして、

「1回だけ作らせてあげて」と頼んだことがあるんですが、

 

「いったんツバメは巣をつくると、

ツバメネットワーク(?)でしょっちゅう巣を作るようになる、

玄関でなければいいけど、うちは玄関だからダメ」

 

とのことでした。

 

 

(ツバメネットワークってなんだ笑)と思ったけど

ツバメたちは

「あの玄関は作りやすいよ!おすすめ!」とか

情報交換しているらしいんです(母いわく)。

 

動物がニガテな母の努力の甲斐あって、

ツバメは数年に1度来るか来ないかになりました(寂)。

 

 

 

 

知人がこの間、

「抽選ですごいモノが当選したよ!

今、ツバメがうちに巣を作ってるんだけど、

そのせいかもー(⋈◍>◡<◍)。✧♡」と喜び報告をくれた。

 

それを聞いて私、

「ああ、だからウチの家は何も当たらないのか・・・」

と悲しくなってしまった。

 

 

 

ツバメの巣は幸運の証。

それに、ツバメに巣を作らせる人は優しいとされる。

 

ピアノ教室の奥さんが

ツバメの巣の下に新聞紙を敷いてケアするのを見て

「大変そうだけど、いいなぁ・・・」とか思っちゃう私です^^