読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

我が妻にならぬか?

f:id:sakura-neko283:20170317224512j:plain

ずいぶん前の職場に

「我妻(わがつま)さん」という

珍しい苗字の女の子がいた。

 

めちゃくちゃ可愛い色の白い女の子で、

性格もイマドキ珍しいくらいたおやかで控えめ、

趣味がお料理で、小柄で照れ屋さんだった。

 

”女子力”とかいうコトバが陳腐に思えるほど、

女の子としてパーフェクトで、

同性からしても「守ってあげたい!」てなるタイプ。

手がもみじのように小さいのが印象的でした。

 

 

 

同僚と言い合っていた。

「お嫁さんにしたすぎる」と。

我々が男だったら、きっと我妻さんを我が妻にする、と。

家に帰って我妻さんがやさしく迎えてくれたら、

どんな仕事の疲れも吹っ飛ぶだろう、と。

 

 

「やっぱさ、我妻さんがプロポーズされるとしたら

『我妻よ、我が妻にならぬか?』みたいな感じかな」

「何時代だよ」

 

 

みたいな会話で盛り上がってたら、

我妻さんがその場に折よく現れ、

「今ね、我妻さんのことお嫁さんにしたいよねって話しててさ」

と本人に言ったら、

 

「じつは・・・先週プロポーズされて・・・///」

 

と言う。

 

 

 

その場は阿鼻叫喚になった。

 

「我妻さんがー!我妻さんが人の妻に!!!」

 

と女子全員、なぜか落胆。(※女子だけの職場)

 

 

なんかショックでした。

あれほどの女の子を射止めた彼氏が羨ましく思えたし、

我妻さんのような理想的な女の子が

家庭に入ってしまうことを考えると、もったいない気もしたし。

 

今でいったら堀北真希ちゃん的な。

 

その職場は妙齢の女性揃いで、

皆が皆、

「結婚したいな、いつできるかな」

「彼氏が踏み切ってくれないんだ、もう別れようかな」

みたいな切羽詰まった空気だったのに、

 

さらっと学生時代からの彼氏に

熱望されて結婚する我妻さん。

「なんかもう、レベルが違う。やっぱり我妻という苗字だけある」

とかワケわかんない結論に達していた。

 

職場仲間には珍しい苗字の女子もいたけど

「我妻」姓のインパクトにはかなわない。

 

「名は体を表す」

というハナシで一件落着したのでした。

 

我妻さん、

すごく可愛い奥さんになってるんだろうなぁ(遠い目)。

 

 

SHIDAXでヒトカラした帰りのこと

f:id:sakura-neko283:20170310014550j:plain

去年、足裏の外科手術をしました。

松葉杖もおおげさな気がしたので断ったものの、

やっぱり痛かったので、可愛いプチプラものをセルフ購入。

 

歩行困難&何もできないので

近所のSHIDAXでヒトカラ

ひとしきりシャウトした後

帰りの足がなく、タクシーを呼んでもらったら、

障碍者タクシーが到着したんです。

 

「しまった、杖をつくのってこういうことなんだ」

 

と焦ったけど、運転手さんの手動ドアで乗車し、

思いやりスペースで降車。ものすごく手厚い介助で

(なんか・・・申し訳ない、どうしよう)

と内心オロオロしてしまった。

 

 

杖をつくと、普段見えないものが色々と見えてきました。

 

視線が杖に注がれる。

ものすごく気遣いして下さる人がいる。

見下すような目で見る人もごく稀に。

 

たぶん杖をつかなきゃ見えなかった世界です。

 

 

 

そのまま2週間くらい杖をつきつづけたんだけど、

お金を多めに下ろしたある日、

よく怪しい人が出没する通りを杖でゆっくり歩いてて、

たまたま後ろに同じ方角をいく人の姿があった。

 

 

ふだんは背後なんて気にも留めないのに、

「この人が万一、悪い人だったら?」

と、杖をついてる状態を”ちょっと怖い”と感じてしまった。

 

 

よくありますよね。

背後の人を(痴漢かも!?)と疑って

小走りになって逃げる女性、

「狙ってねえし」と後ろで憤る男性の図(笑)

 

でも、それとこれとは種類がちょっと違うかもしれない。

 

 

杖って、「走れない」と一目で分かるアイテムなんですね。

だから、ちょっと警戒心がふだんの3倍くらいになりました。

 

 

 

そういえば、杖ショップのお姉さんが、

「杖を気軽に持って下さって嬉しいです!」

と喜ばれてたのが印象的でした。

 

お姉さんの親戚の方も杖をついていて、それでも

「杖は最初、みんな抵抗がある」らしいです。

 

今回初めて使ってみて

杖をつく人の気持ちにほんの少し沿えたかもしれません。

 

 

遠い将来、いつかまたきっと杖にお世話になるので

無知な私も、今回のことは勉強になったかも^^

 

 

さいきん地味に苛立ったこと2選☆

f:id:sakura-neko283:20170306081259j:plain

①コンディショナーの底だまり

②後頭部の長い白髪が行方知れず

 

 

①・・・そろそろ開発されてもいい頃!

優雅なバスタイムのハズが、

いきなりコンディショナーが1/3ほど底だまり。

ノズルを外してコンコンてやっても出てこなくて、

しょうがないから吸い上げストロー部で必死に掻き出して

頭に撫でつける。

 

そろそろ、吸い上げポンプ方式をやめて

底の側から中身を出す方法が確立してほしいなぁ、と。

 

地味すぎるけどほんとイライラです><

とくに冬場は固まって出てこない。

これ解消したら、特許モノなんじゃ?て毎度思います。

 

 

②・・・後頭部の長い一筋の白髪。

頭の後ろのてっぺんから生えていて

ずっと気づかなかったパターンなのに

いったん「すくい上げたヨッシャ!」って思ったら

指の隙間から零れ落ちてどこかに消える摩訶不思議。

 

そのあとは合わせ鏡で探せど探せど見つからない。

なぜあの時取りこぼしてしまったのか。。。とか

地味に悔やまれて仕方ない。

 

 

日常に潜むちいさなストレス。

しょうもないけどどーにかならんもんでしょうか(・ω・ )

 

プチイラMAX(どっちなんだ)★